ガラスコーティングのメリット

ガラスコーティングは窓ガラスの表面を特殊な素材でコーティングする技術で、特殊なフィルムを貼る場合もあります。



室内の温度を一定に保つためにはガラスなどからの放熱を防ぐことが重要なのですが、ガラスコーティングをすると日差しを防ぐことができるので、室内の温度が一定に保たれるので、冷暖房の効果を高めることができます。
電気料金などが値上げされていて、将来的にもこの傾向が続くと見られているので、ガラスコーティングによって、室内の環境を整えて節電することは生活費のコストを下げる効果があります。

またガラスコーティングをすると地震や物理的な衝撃でガラスが割れた時に飛散するのを防ぐ役割もあるので、面積の広いガラスを室内に使用する場合には割れた時に飛び散らないようなコーティングをすると事故を防ぐことができます。



ガラスコーティングをするとガラスが割れにくくなり、穴などが開けにくくなるのでセキュリティを高めることができるので、防犯のためにコーティングをする家庭も増えています。



料金としては1平方メートルあたり8千円程度となっているので、通常の場合は1万円から2万円程度で施工することができます。



防犯用の特殊フィルムを使用する場合には高額になるので、防犯上の問題がある窓にだけ施工をすることができるのですが、価格は通常のコーティングの2倍程度となっています。



ガラスにコーティングを施すと汚れなども付きにくくなるので、掃除などの回数を減らすこともできます。



関連リンク

ガラスコーティングのメリット

フローリングを長く美しく清潔に保てるようにするためにフロアコーティングを施すことがあります。フロアコーティングにはいくつかの種類がありますが、その中にガラスコーティングと言う方法があります。...

more

ガラスコーティングで変形や膨張を予防する

住宅のフローリングに使用される床板は、基本的に材質が木なので、気温や湿度の影響を受けて、膨張したり収縮したりします。膨張と収縮が繰り返されることで、床板材そのものが劣化していくことも多く、可能であれば過度な膨張や収縮は抑制できたほうが長持ちします。...

more
top